わきが 治療法

わきが治療法情報局

MENU
わきがの治療法について説明しています。実際に効果があるワキガ治療とはどのようなものなのか気になっている人も多いのではないでしょうか。ワキガのニオイがあって悩んでいるなら参考にしてみてはどうでしょうか。

ワキガのニオイは香水では隠せないの?

ワキガなどの強い体臭をそれよりも強い臭いで覆い隠してしまうと言う方法は、もっともシンプルで原始的な方法になります。

 

さかのぼるとフランスの王侯貴族たちがそういった方法を使っていました。外人がよく香水などを使っているのはそういった名残なのかもしれないですね。

 

実際に日本人よりは外人のほうがはるかにワキガの割合が多いので、そういった意味ではワキガに香水が効果的だという可能性は十分にあります。

 

確かに軽度の体臭なら香水を使うことで十分にカバーすることはできますが、ワキガなどのニオイが強い場合にはどうなのでしょうか。

 

強い臭いをごまかすためには、香水を大量に使うことになるので、まったくの逆効果になってしまう可能性があります。

 

実際に香水のニオイが強い人の側にいるのはなかなかきついものです。さらにワキガのような強烈なニオイに香水を使ってしまうと、その相乗効果によってさらに強烈な悪臭になってしまうことが多いです。

 

軽いニオイならまだいいですが、ワキガのような強い臭いに香水を使うのは逆効果になってしまうので注意するようにしましょう。

 

というかワキガの臭い消しのために香水を使うと言うのは止めておいた方が無難だと思います。

ワキガの効果的な治療法とは

わきがの治療法

ワキガは遺伝的な要因が強い個人の体質の問題で、体のアポクリン汗腺という器官から発せられるニオイがワキガの原因になっています。

 

そんな体質的な問題のワキガなので、治療ができるのか気になっている人は多いですがどうなのでしょうか?

 

ワキガの治療には手術で治療する方法と、手術なしで治療する方法があります。

 

ワキガを手術する方法は単純で、ワキガのニオイの要因になっているアポクリン汗腺を除去することによってニオイの元を断つと言う方法です。

 

言葉で言うのは簡単ですが、実際にはかなり難しい手術です。アポクリン汗腺は再生力が強いので、ちょっとでも取り残しがあると、そこから再生してまたワキガが再発することがあるので注意が必要です。

 

手術なしでの改善方法はワキガ治療のクリームなどを使ってニオイをなくさせる方法になります。

 

私の個人的な意見ですが、ワキガ治療では最終的には手術でアポクリン汗腺を除去するのが手っ取り早いですが、病院によっては昔の方法でや、経験の少ない医師が執刀することがあるので、信頼できる病院を見つけるまではワキガ対策のグッズで対応するのが無難だと思います。

 

最近ではワキガ対策用品も充実してきているので当サイトを参考にして対策用品を参考にしてみてはどうでしょうか。

わきが手術にはリスクがある!

わきがの治療法の手術

わきが治療法として代表的なものをあげるとしたら、やはり手術という選択肢ではないでしょうか。

 

わきがを治療するうえで一番最初に思い浮かぶ方法というのはやはり手術だと思います。確かに手術でのわきが改善の方法は確実性が高くてお金に余裕があれば早く治療したいと思うのは当然だと思います。

 

わきが手術はわきがを完全に治療することができるというメリットもありますが、デメリットも存在します。

 

わきが手術をする前にしっかりとメリットとデメリットを抑えておくことは、あとで後悔しないようにするために非常に大事なことだと思います。

 

ではワキガ手術にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。手術する前にはこういったデメリットもしっかりと理解してから行うようにしましょう。

 

わきが手術のデメリットについて

 

わきが手術後の再発の可能性

わきが手術をしたからといって、必ずわきがが治療されるとは限りません。わきが手術は難易度が高く、手術後に再発することも珍しくはないです。わきが手術ではワキにある臭いの元になっている汗腺を除去する手術を行うのですが、この汗腺は強い細胞で、少しでも取り残しがあるとそこから再生してまたワキガが再発してしまうのです。さらにわきが手術には色々な手術方法があり、医師の経験が非常に重要になってきます。病院選びは慎重に行うようにしましょう。

 

わきが手術後の傷跡について

わきが手術を行うと、当たり前ですが、脇に傷跡が残ります。これはしょうがないことですが、結構厄介です。男性の場合ならまだいいですが、女性の場合はこういった傷が残るのは大きなデメリットになりかねません。またワキに傷があるとわきが手術をしたと思われがちなのでやっかいです。一番やっかいなのはわきが手術をしたのにその後また再発してワキには傷が残ったという例です。わきがが再発してワキには傷が残るというケースは普通にありえるので、できるだけ傷跡が小さい手術方法と、再発率の低い病院選択が非常に大事になってきます。

 

わきが手術の入院期間

わきが手術では即日退院というのは難しいので、どうしても入院が必要になってきます。その際にどれくらいの入院期間が必要なのかというのは手術方法によって違ってきますので、ここでも病院選びが大事になります。わきが手術で会社を休むというのはなかなか言い出しにくいことなので、有給休暇をまとめて取得できるような状況でないと、なかなか手術をするのは難しいかもしれないです。

 

わきが手術はわきがを完治できるかもしれないというメリットもありますが、再発するかもしれないということや傷跡などのデメリットがあることを理解して行うようにしましょう。

 

後で手術したことを後悔しないためにもこういったことはあらかじめ知っておくようにしましょう。

 

しかしデメリットのあるわきが手術は個人的には最終手段として残しておいたほうがいいと思います。

 

それよりはデメリットのない、わきが治療関連商品を利用してから手術を検討するようにしてはどうでしょうか。

 

最近ではわきが治療関連の商品が充実しており、効果の高い商品も色々出てきています。こういった商品を試してみて効果がなかったら手術を検討するようにするといいと思います。

更新履歴